Wednesday

新規電話アプローチの心構え


新規電話アプローチの続きです。一度立ち戻って基本的な話をさせて頂きます。新規営業に必要な集客で一番精度が高いのはのは「紹介」ですが、いつもいつもそうとはいきません。次に精度が高く早いのは、「電話」で、あとは、「メール」「手紙」などがあります。王道はやはり、新規アプローチ電話ではないでしょうか。多くの企業で新卒営業マンが通る道で、初歩的でもありますが、奥の深いアプローチ方法だと言えます。成功するポイントは、この電話は先方にとって有益な電話だと信念を持つことだと思います。「御社の知らない素晴らしい情報を伝えに電話いたしました」というスタンスです。この精神があれば、断られても、「この会社には必要なかっただけ、でも、自分の電話を持っている会社がきっとある」と前向きに考えることができます。根底には、市場の分析やサービス理解など踏まえて、サービスや商品に確固たる自信が必要です。相手の会社の幸せを描ける新規電話アプローチならきっとうまくいきます。